NSRunningApplicationのbundleURLメソッドの値(macOS High Sierra)

とあるmacOS用のアプリケーションで、NSRunningApplicationのbundleURLメソッド使用していたのですが・・・
macOS 10.12 Sierraまでと、 macOS 10.13 High Sierraでは戻り値が違っていました(^^;;

続きを読む


スポンサーリンク

MacのVMware FusionでLinux KVM!(仮想マシンの入れ子)

とある、KVM環境のホストPCのリプレイス。
ホストPCのOSをUbuntuからCentOSに変更することにしました。
で、OSを変更するので、今までの仮想マシンが動くかどうか、あらかじめテストすることに。

で、テストマシンを用意しようとしたのですが、ちょうどよいのがなく、ちょっと調べてみると、いまどきは、仮想マシンの入れ子ができるんですね。

早速、iMacのVMwareFusionで。
仮想マシンの設定の「プロセッサとメモリ」の設定画面で詳細の「この仮想マシンで「ハイパーバイザーアプリケーションを有効にする」のチェックを入れればOK。
vmwarefusion.png

ホストPCはiMac 21.5 Late 2013で、VMware Fusion 7.1を使っています。
あとは、普通にLinuxをインストールして、KVM環境を作ればOKでした。
いやー便利です(^_^)/

ちなみに・・・
Ubuntuで作ったKVM仮想マシンをCentOS7.0のKVM環境へコピーしたのですが、設定がそのままだと動作しませんでした。
そのあたりは別記事で。


ホストPCのOS変更に伴うKVM仮想マシンの移動(Ubuntu → CentOS)

CentOS7.0 + KVM +ブリッジ接続

スポンサーリンク

MacBookのHDD交換

嫁が使っているMacBookのHDDが壊れました。
ガリガリ言って起動しません・・・。

このMacBookは初代CoreDuoの1.83Hz。
購入したのが、2006年10月で、2008年の8月に容量アップするために250GBに交換済みでした。

前回はHITACHIでしたが今回はWesternDigital WD500BEVT。
500GBです。

最近iPhotoのデータも大きくなってきたのでこれで安心です。
今までのデータはTime Machineで外付けのUSB-HDDへバックアップしていたので、全部は失わずにすみました。
このあたり、Macは簡単にバックアップがとれるし、簡単に復活出来るのでいいですね。
もっとも、最後にバックアップしたのが、2週間くらい前だったので、その後に取り込んだデジカメの写真は失ってしまいましたが・・・。
ここ最近、けっこう撮っていたので、じゃっかんつらいですが・・・。
いちいち接続しなくてもいい、Time Cupsuleが欲しいです。

ちなみに、バッテリーの容量も少なくなってしまっています。
もう4年以上たちましたが、嫁の用途ではまだまだ現役。

もう一台の私が使っているMacBookアルミもバッテリーがダメです。
電源ケーブルを抜いてしばらくすると、スリープせずにそのまま強制電源断になってしまいます。

一瞬、MacBook Airが頭をよぎりましたが、2台ともまだまだ使えます。
ということで、まだまだ現役ばりばりでがんばってもらいます。

スポンサーリンク