ピアノ練習用 オーディオミキサー BEHRINGER XENYX 302USB 購入

ピアノの練習用に買いました!
うちのピアノはカワイのCN24というやつで、一番シンプルなやつで、リズム機能とか外部入力とかがありません。
今まではピアノソロな曲ばかりを練習してたので全然問題なかったのですが、今レッスンでやってるのが、ピアノトリオ前提でということなので、できればマイナスワンで練習したいところ。
あと、Youtubeのレッスン動画みながらやったりしたい。
(ヘッドホンで!)

ということで、オーディオミキサーを物色。
最低限、2系統のステレオ入力があること、できるだけ安いことという条件で探しました。
最近、単純なアナログミキサーってあんまないんですね
あと、安いという条件をつけると、自動的にベリンガーの製品になります(笑)

さくっとAmazonのベストセラーに決定!


それにしても、すごいコストパフォーマンスですね。
これで、USBオーディオインターフェイスにもなっちゃうなんて。

こんな感じでピアノの上で使ってます。
fc2blog_20141217085554dfe.jpg

iPhoneと電子ピアノをステレオ入力に入れてます。
iPhoneのアプリはiReal Proを使ってます。
これがかなりの優れもので、練習には必需品になっちゃいました!

MacBookでも試しました。
こっちはUSB接続すれば、USB経由でMacBookの音が鳴るので、これまた電子ピアノとあわせて、Youtubeのレッスン動画見ながらやるのに最適です!
GrageBandでバックトラック作って合わせて弾くのも良さそう。

ちなみに、まだ試してませんが、電源付きのUSBハブがあれば、iPhoneでカメラキットでUSB接続できるみたいです。



Mainstage2でAll Notes Offをフィルタリング

Kawai K11をMainstage2用のMIDIキーボードとして使った時に音がプツプツ切れていた件ですが、解消しました。
Mainstage2のアサインとマッピングの画面で、 All Notes Offの送信先をなしに設定することで正常に音が出るようになりました!

AllNoteOff.png

この前修理した特定鍵盤でベロシティが大きくなる件ですが、今度は、小さくなる鍵盤が・・・。
とりあえず、放置プレイ中(笑)

MacBookのHDD交換

嫁が使っているMacBookのHDDが壊れました。
ガリガリ言って起動しません・・・。

このMacBookは初代CoreDuoの1.83Hz。
購入したのが、2006年10月で、2008年の8月に容量アップするために250GBに交換済みでした。

前回はHITACHIでしたが今回はWesternDigital WD500BEVT。
500GBです。

最近iPhotoのデータも大きくなってきたのでこれで安心です。
今までのデータはTime Machineで外付けのUSB-HDDへバックアップしていたので、全部は失わずにすみました。
このあたり、Macは簡単にバックアップがとれるし、簡単に復活出来るのでいいですね。
もっとも、最後にバックアップしたのが、2週間くらい前だったので、その後に取り込んだデジカメの写真は失ってしまいましたが・・・。
ここ最近、けっこう撮っていたので、じゃっかんつらいですが・・・。
いちいち接続しなくてもいい、Time Cupsuleが欲しいです。

ちなみに、バッテリーの容量も少なくなってしまっています。
もう4年以上たちましたが、嫁の用途ではまだまだ現役。

もう一台の私が使っているMacBookアルミもバッテリーがダメです。
電源ケーブルを抜いてしばらくすると、スリープせずにそのまま強制電源断になってしまいます。

一瞬、MacBook Airが頭をよぎりましたが、2台ともまだまだ使えます。
ということで、まだまだ現役ばりばりでがんばってもらいます。