久々にバイクで通勤しました

この前、査定してもらったホーネット600ですが、久々に通勤で乗りました。
あれから、いろいろ悩み、何度も気が変わりながらも、まだ、売ってません。

嫁もバイク乗りだったので、理解はあるわけで、逆に我が家には1台しかないバイクなので、決心がつかずにいました。

今売ると、次買う事は今のところ不可能に近いので、とりあえずは置いておこうと思います。
車検は5月で、他にもスカイラインの車検や保険の支払いと、まとめてやって来ます。
とりあえず、今後のことも考えると、一旦車検は切らして、少しずらして車検しようかなぁと思っています。

でも、その頃にはきっと、バイク仲間に誘われて、すぐに車検しないといけなくなってるんでしょうねぇー。

スポンサーリンク

V-ONE S3 後方排気化

とりあえず、後方排気化に着手しました。(というかここで終わりかも・・・)

マフラーの排気口の向きを90度まわすために、ステーの穴を開け直しました。
V-ONE マフラー

で、とりあえずゴムホースだけなんとかつけました。
V-ONE 後方排気
ステーは本当はアルミ版できれいに作るつもりだったのですが、リア周りにはちょうどいい穴がなかったので、とりあえず、余っていたカーテンの金具を曲げてステーにしました。

サイレンサーのフランジが出っ張ってるので結局ボディサイドの穴は必要です。
スケール感なんて・・・。
V-ONE ボディサイド
(度重なるクラッシュで元の穴もぼろぼろです)

こんな感じ。
V-ONE ボディ

今日はここまで。
本当はアルミパイプでマフラーエンドを作るつもりでしたが、力つきました。
機能的にはこれで問題ないし・・・。
とりあえず、今度これで走らせてみようっと。

スポンサーリンク

V-ONE S3修理

ちょっと前に無理矢理、空き地で走らせてリアベルトが切れてしまったV-ONE S3ですが、やっと修理しました。
最近、NB16ばっかだったので、ようやくです。

リア周りを全部ばらさないといけないので、ついでに、デフの4ベベル化を行いました。
4ベベル化により、耐久性があがるようです。
ブレーキもソフトブレーキライニングにしました。
これは、ノーマルよりもフィーリングいいらしいということです。

あと、実車のように後方排気にすべく、材料を買ってきました。
バイク用のガソリンホース(いちおう耐熱らしい)とアルミ版とアルミパイプ。
本当はホースはちゃんとした耐熱/耐油のものが欲しかったのですが、如何せん、田舎なので、ホームセンターではそんなものは売ってません(もちろんラジコン屋にも)。

後方排気にするには理由がいろいろとあったりします。
・リコイルスタータ仕様だと、エンジンをかける度にボディを載せることになるのですが、この作業がやりづらい。
・ボディが汚れる
・クラッシュした時に当たりどころが悪いと、排気口が折れてしまう
・側方排気では実車っぽくない
 (クラッシュしまくって排気口用に開けた穴がぐちゃぐちゃに広がってしまう)
パワーダウンするでしょうが、レースするわけでもないし、スピードにも慣れていないので、実利優先というこで。

明日も天気は悪そうなので、加工してしまいたいところです。

スポンサーリンク