K's Garage Blog

趣味(バイク/車/パソコン/DIY)のこととか、気になったこととか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

タグ(キーワード):
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Linuxのcrontab -eのエディタ変更

メモ

crontab -eでcronの設定編集に使うエディタをemacsに変更する。
viだと思うように使えないのでw

~/.bashrcに以下を追記

export EDITOR=emacs

反映。
$ source ~/.bashrc

スポンサーリンク

スポンサーサイト
タグ(キーワード):Linux
[ 2015/02/24 ] パソコン | TB(0) | CM(0)

ホストPCのOS変更に伴うKVM仮想マシンの移動(Ubuntu → CentOS)

メモ

KVMを利用しているPCが古くなってきたので、PCをリプレイス。
ホストOSをUbuntuからCentOS7に変更。

そのまま、新しいOSにKVM仮想マシンのイメージと設定ファイルをコピーするだけでは動作しなかった。
/etc/libvirt/qemu/にコピーしたxxx.xml設定ファイルを2か所ほど修正。
※CentOS7の場合

修正前:<emulator>/usr/bin/kvm</emulator>
修正後:<emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>

修正前:<type arch='x86_64' machine='pc-1.0'>hvm</type>
修正後:<type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
※macineの値は、エラーメッセージに出てた。新しく仮想マシンを作って設定ファイルを見てもわかる。


CentOS7.0 + KVM +ブリッジ接続

スポンサーリンク

タグ(キーワード):Linux
[ 2015/02/18 ] パソコン | TB(0) | CM(0)

MacのVMware FusionでLinux KVM!(仮想マシンの入れ子)

とある、KVM環境のホストPCのリプレイス。
ホストPCのOSをUbuntuからCentOSに変更することにしました。
で、OSを変更するので、今までの仮想マシンが動くかどうか、あらかじめテストすることに。

で、テストマシンを用意しようとしたのですが、ちょうどよいのがなく、ちょっと調べてみると、いまどきは、仮想マシンの入れ子ができるんですね。

早速、iMacのVMwareFusionで。
仮想マシンの設定の「プロセッサとメモリ」の設定画面で詳細の「この仮想マシンで「ハイパーバイザーアプリケーションを有効にする」のチェックを入れればOK。
vmwarefusion.png

ホストPCはiMac 21.5 Late 2013で、VMware Fusion 7.1を使っています。
あとは、普通にLinuxをインストールして、KVM環境を作ればOKでした。
いやー便利です(^_^)/

ちなみに・・・
Ubuntuで作ったKVM仮想マシンをCentOS7.0のKVM環境へコピーしたのですが、設定がそのままだと動作しませんでした。
そのあたりは別記事で。


ホストPCのOS変更に伴うKVM仮想マシンの移動(Ubuntu → CentOS)

CentOS7.0 + KVM +ブリッジ接続

スポンサーリンク

タグ(キーワード):Mac Linux
[ 2015/02/17 ] パソコン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kotyasuke

Author:kotyasuke
バイク/車/パソコン/DIYが趣味の中年オヤジです。
バイク:グロム
車:エブリイワゴン(DA17W)

タグリスト
人気ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。