V-ONE S3修理

ちょっと前に無理矢理、空き地で走らせてリアベルトが切れてしまったV-ONE S3ですが、やっと修理しました。
最近、NB16ばっかだったので、ようやくです。

リア周りを全部ばらさないといけないので、ついでに、デフの4ベベル化を行いました。
4ベベル化により、耐久性があがるようです。
ブレーキもソフトブレーキライニングにしました。
これは、ノーマルよりもフィーリングいいらしいということです。

あと、実車のように後方排気にすべく、材料を買ってきました。
バイク用のガソリンホース(いちおう耐熱らしい)とアルミ版とアルミパイプ。
本当はホースはちゃんとした耐熱/耐油のものが欲しかったのですが、如何せん、田舎なので、ホームセンターではそんなものは売ってません(もちろんラジコン屋にも)。

後方排気にするには理由がいろいろとあったりします。
・リコイルスタータ仕様だと、エンジンをかける度にボディを載せることになるのですが、この作業がやりづらい。
・ボディが汚れる
・クラッシュした時に当たりどころが悪いと、排気口が折れてしまう
・側方排気では実車っぽくない
 (クラッシュしまくって排気口用に開けた穴がぐちゃぐちゃに広がってしまう)
パワーダウンするでしょうが、レースするわけでもないし、スピードにも慣れていないので、実利優先というこで。

明日も天気は悪そうなので、加工してしまいたいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント