スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

iPhone 3Gをモデムとして利用できるアプリ「NetSare」が再リリース

一度、リリースされていて、抹消されていた、「NetShare」が再リリースされました。
(注記:その後、すぐに抹消されています。)

登録抹消されたはずの「NetShare」、再びApple公式ストアに登場 | ネット | マイコミジャーナル

App Store登場直後に配信中止になったiPhone用アプリ「NetShare」の販売が再開された。同アプリはSOCKS5プロキシとしてiPhone とパソコンを接続し、EDGE/3Gを通じたiPhoneのインターネット接続をパソコンと共有可能にする。米国で9.99ドル、日本国内では1200円となっている。



これを使うと、iPhone3Gを経由してパソコンでインターネットに接続できるようになります。
私としても、この機能はぜひ、欲しいと思っていました。
今のところ、こういった利用方法はソフトバンクの規約には違反すると思われるので、手は出しませんが。

でも、また抹消されないとも限らないので、今のうちに買っとけみたいな感じにもなってるみたいです。

これを使うと、回線が混雑してまともに使えなくなってしまうとういう話がありますが、ソフトバンクさんにはぜひともがんばってもらって、基本プランのパケット定額フルの中で、使えるようにして欲しいです。

現状では、アップル公認アプリでこれができることが分かっているだけで安心です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。