スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スティングレーのホーン交換

スティングレー(MH22S)のホーンを交換しました。
ホーンなんて鳴らす機会は、ほとんどないのですが、この前鳴らしたときに、なかなか気づいてもらえなかったので。
聞こえないと、警告の意味ないですね。
ということで、昔、スカイラインにつけていたやつ(たぶんBOSCHラリーストラーダ)があったので付けました。
ちなみに、スイフト用は購入済みw

純正のホーンの取り付け位置を確認してみると、これまた、えらい奥まったところで、交換は一苦労しそうです。
試しに手を突っ込んでみましたが、上からも下からも、まともには作業できなさそう。
ネットで調べると、バンパーをはずさないといけないみたいでしたが、それも面倒そう。

とはいえ、悩んでいても仕方ないので、とりあえず、グリルを外してみました。
ここを参考に)
で、バンパーもはずそうと思ったのですが、リベットがうまく抜けないので、あきらめて他の方法はないか考えていたところ、ナンバーを外せばホーンに手が届きそうです。
ということで、グリルとナンバーを外した状態です。
IMG_1339.jpg

これでなんとか作業ができました。
ホーンを外す時、ネジが揺るんでも手で回せるほどの余裕がないので、はずれるまでスパナで回さないといけなかったのが面倒でしたが。

で、いきなり出来上がり。
IMG_1342.jpg
L型のステーを元々開いていた穴に取り付けました。
リレーは付けていません。
ネットで調べると、リレーを付けた方がいいと書いてあるのを見つけましたが、ホーン自体の説明書には、単純に分岐すれば良いと書いてあったので。
ちっちゃいホーンなので、そこまでやらなくてもいいかなぁということで。

現在の走行距離:18,811km(2010/3/22)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。