CB750(RC42) オーリンズ リアショック

オーリンズのリアショックに交換しました!
IMG_1330.jpg


CB750用にラインナップされている、プリロードのみ調整が可能なS36P(HO141)です。
半年程度使用という中古があったのでそれを購入。

オーリンズのラインナップにはCB750用はこれしかありません。
フルアジャスタブルタイプがないんですね。
ショップが別注して作ってるのはあるみたいですが。

ほとんど街乗りしかしないことと、シンプルなスタイルが好きだという事もあり、お手頃なS36Pにしました。

中古ということで程度が心配でしたが、見た目は極上でした!
ブッシュも痛んでいなかったし、当りだったようです。

全長がオーリンズの方が少し長いです。
純正の自由長:352mmくらい(実測値)
オーリンズ:356.5mm(取説の値)

とりあえずプリロードは、最弱です。
純正は2段目で乗っていたのでそれに比べると、3mm程度の車高アップでしたが、私は気になりませんでした。
ただ、マフラーで10kg以上軽量化された車体と56kgの体重の私には少し硬い感じです。
それでも、このままいつもの通勤コースを走ってみると、硬いのですがノーマルだとバタバタと跳ねて怖い思いをしていたのですが、それがなくなっています。
硬いんだけどちゃんと動いています!
初期作動がいいんでしょうね。
このままでもいいかなぁと思えてしまえますが、お腹が満腹だと、ちょっと胃にきそうな感じ。

1G'(乗車時)の沈み込み量を測ってみましたが、21mmとやはり少なすぎの様です。
(純正2段目は、もっと少ないのですが、1段目にすると腰砕けになっちゃうので2段目で我慢)
オーリンズの取説(英語)によると、25mm-35mmとあります。
(ちなみに日本語の取説と書いてることが違う・・・)

このタイプはプリロードは3段階にしか調整できませんが、プリロードアジャスター自体、Cリングで位置決めされているので、Cリングの位置を上にあげれば、さらにプリロードを抜くことができます。

ということで、プリロードの調整は次回に。

IMG_1335.jpg

かっこいい!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント