Windows8.1でVC6を使いたい

すでに詳細を忘れかけですが・・・
忘れてしまわないうちに、メモしときます。
※やる場合は自己責任で。

先に書いておきますが、すでに動作しているWindows8/8.1へのVC6のインストールはできませんでした。
先にWindows7にVC6をインストールしておいてからアップグレードでWindows8.1にしています。

どうしてもメインの開発環境をWindows8.1にしたかった。
でも、まだVC6を使わないといけないことも・・・
VMで使えばいい話なのですが、実機の快適さにかなわないし・・・
(ちなみにWindows8が出た時も試しましたが、Windows8自体を使う気にならなかったので、サクッと試して、サクッとあきらめ、Windows7で使ってましたw)

で、いろいろと試してみましたが、どうやってもWindows8/8.1へは直接インストールすることができませんでした。
インストーラが途中で固まったり、無理やり強制終了してそのまま使うと、デバッグできなかったり。

というわけで、既存のOSにインストールするのはあきらめました。

でも、ここで、あきらめきれず・・・

まず、Windows7(x64)へVC6をインストール。
その後、Windows8→Windows8.1へアップグレード。

この時点で、起動すると、すぐに落ちて使えません。
あきらめかけていたのですが・・・

http://stackoverflow.com/questions/19856468/running-visual-studio-6-c-in-windows-8-1
ここに、MSDEV.exeをリネームして互換モードを設定すると動くよと書いてあったので、試してみたら、OKでした。

とりあえず、問題なく動作はしているようです・・・
OSから入れなおさないといけないので、かなり面倒ですが・・・

デバッグするにはデバッグの設定で「OLE RPCデバッグ」のチェックを外す必要がありました。
ちなみに、Windows8.1じゃなくて、Windows8の場合は、リネームせずとも動作してました。
RPCデバッグのチェックは外さないとだめでしたが。

環境構築の手間や、ダメだったときのことを考えると・・・・
古い環境はVMで持っておくのが一番コストパフォーマンスが良さそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント