CentOS7.0 + KVM +ブリッジ接続

メモ

ネットで検索すると、いろいろな方法が存在するみたいですが、なかなかうまくいかず。
うまくいったのは以下の方法。
こちらのサイトを参考にしました。(というかそのままです。)

環境:
CentOS7.0 + KVM
IPアドレスはあらかじめ、固定で設定しておく。

1.bridgeデバイス作成
# nmcli c a type bridge autoconnect yes con-name br0 ifname br0
2.slave登録
# nmcli c a type bridge-slave autoconnect yes ifname eno16777736 master br0
3.ip設定 → 192.168.1.202は元々設定していたIPと同じIP。
# nmcli c m br0 ipv6.method ignore ipv4.method manual ipv4.addresses "192.168.1.202/24 192.168.1.1" ipv4.dns "192.168.1.1"
4.反映
# nmcli c u bridge-slave-eno16777736
# nmcli c u br0
※eno-16777736は環境によって異なる。

これで、ホストからもゲストからも正常にネットワークに接続できました。


ホストPCのOS変更に伴うKVM仮想マシンの移動(Ubuntu → CentOS)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント