スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ホストPCのOS変更に伴うKVM仮想マシンの移動(Ubuntu → CentOS)

メモ

KVMを利用しているPCが古くなってきたので、PCをリプレイス。
ホストOSをUbuntuからCentOS7に変更。

そのまま、新しいOSにKVM仮想マシンのイメージと設定ファイルをコピーするだけでは動作しなかった。
/etc/libvirt/qemu/にコピーしたxxx.xml設定ファイルを2か所ほど修正。
※CentOS7の場合

修正前:<emulator>/usr/bin/kvm</emulator>
修正後:<emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>

修正前:<type arch='x86_64' machine='pc-1.0'>hvm</type>
修正後:<type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-rhel7.0.0'>hvm</type>
※macineの値は、エラーメッセージに出てた。新しく仮想マシンを作って設定ファイルを見てもわかる。


CentOS7.0 + KVM +ブリッジ接続

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。