スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

CB750(RC42) にトップケース【検討編】

最近、めっきり山へ走りに行くこともなくなり、嫁がバイク復帰したこともあり、バイクに乗るといえば、嫁とプチツーリングもしくは通勤というのが、メインの用途。

こうなってくると、バイクに求めるものも変わってきて、便利な方がいいなぁと思うように(笑)

もともと、リアキャリアを持っているので、箱を載せればいいだけなんですけど、
過去記事:http://kotyalog.blog91.fc2.com/blog-entry-689.html

さすがに見た目が・・・
嫁にも一緒に走りたくないって言われました・・・

ということで、ちゃんとしたやつを検討することに。


貧乏性なので、

「できるだけ安くて、ちゃんとしたやつにする!」

というコンセプトを掲げて、ネットを徘徊しました。

でも、最初に除外したのが、リアキャリアにトップケースを取り付ける方法。
これが、一番安くつく方法ではある(キャリアも持ってるし)のですが、
今回は見た目も優先するということで、ちゃんとしたトップケースを買うつもりなので、耐荷重も考えないといけません。
ということで、リアキャリアは不安ということで、却下しました。
ネットでは、取り付けていらっしゃる方もいるので、ダメだということではないのでしょうが、心配性なので(笑)

となると、キャリア部分に関しては、ほぼ、GIVIの専用フィッティング一択です。
これは、オークションでできるだけ、安くてきれいなのを探せばOK。

あとは、トップケースの容量。
もともと持っていた30LのRVボックス。そこそこ入るのですが、微妙に小さいと感じることがありました。
かといって、大きすぎると、プチツーリング&通勤用途なので、普段使いには見た目の圧迫感とか車庫に置いておくのに不都合だったり。
会社の同僚が47Lを付けているのですが、これは、やっぱ見た目にでかい!
ということで、40L前後で探すことに。

となると、これが・・・
なかなか難しい。
GIVIのフィッティングを使うので、当然ケースもGIVIでということになるのですが・・・
まず、デザインが気に入らない(笑)
あと、そこそこ傷とかがある中古でも、1万円はすぐに超えちゃう。

ということで、GIVI互換な他メーカーのものを探してみることに。
これも、割と難しい・・・。
そもそも、互換性があるかどうかがわかりずらいし、わけわからんメーカーの安物だったり、大きさがちょうどいいのがなかったり・・・。

しかたないので、GIVIのことを一旦わすれることにして、見つけたのが、SHADというメーカー。
ヨーロッパじゃメジャー?で、作りもしっかりしていて、お手頃。
ネットのレビューとかも、良好。

あとは、これがGIVIのフィッティングに取り付け可能かどうかです。
当然、取り付けベースには互換性がないので、GIVIのベースは使えません。
SHADのベースをGIVIのステーに取り付けるということになります。
GIVIのステーは、専用のベースを前提としていて、ステーだけだと、ただパイプが伸びてるだけで、ベースを取り付けることができません。
ベースを載せる部分のパーツが必要です。
これが、ステーではなくベースの方とセット販売。
オークションに出てるのはほとんどがベース付なので、問題なし。

後は、ねじ止めなので、ステーの幅とベースのねじの幅が合えば、強度は別として、付かないことはないでしょう。(笑)
ただ、GIVIが専用のシステムでベースとステーの取り付けが2か所に対して、SHADはベースとステーやキャリアとの取り付けは4か所。
やはり、強度的にちょっと不安。
でも、まぁ、この辺は少し工作すれば大丈夫だろうと(笑)
ということで、購入に踏み切りました。

購入したのは、SH40というやつです。
新品で1万しませんでした。
本当は・・・、SH39のカーボンがカッコよかったのですが、お値段がかなりあがっちゃうので、あきらめました。
そもそも、カッコがいいって言ったって、トップケースつけた時点で、おやじくささは免れませんし(笑)




スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。