Windows10でVC6を使いたい

前にWindows8.1でVC6を使いたいということで、記事を書きましたが、同様にWindows10でもということで。
イレギュラーな使い方なので、自己責任ということで。

まず、最初にWindwos10へのVC6のインストールを試してみましたが、これはWin8.1同様、できませんでした。

ということで、Windows8.1の時と同様にちょっと面倒ですが・・・・
まずは、Windows7(x64)な環境を用意。
そこへ、VC6をインストール。
そこから、Windows10へアップグレードしました。

Windows8.1では、モジュールのリネーム等が必要でしたが、Windows10では、そのままで動作しました。
ただ、デバッグでステップ実行しようとしたりすると、「OLEリモート呼び出しデバッグには管理者権限が必要です・・・」
が表示され、デバッグできませんでした。
オプションのデバッグの設定で「OLE RPCデバッグ」のチェックはついていない状態でしたが。

これについては、MSDEV.exeの互換モードの設定で、Vistaに設定すれば、私の環境では無事ステップ実行もできました。

少し手順的には面倒ですが、これでなんとか、Windows10環境でも使えそう・・・。

過去の記事:
Windows8.1でVC6を使いたい
Windows7にインストールしたVC6で複数プロジェクトを同時に開く(Visual C++ 6.0)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント