スティングレー (MH22S)異音 最終結果

異音が出だして、AT交換と言われてしまったスティングレーさんですが、最終的に・・・
買い替えることになりました(^^;;

前は、5分くらい走ると、音が消えていたのですが、最近は、消えることもなくなり、音も少し大きいような。
さすがに、恥ずかしい(^^;;
そして、12月には車検なんです。
選択肢としては・・・


1.手放して車を1台(エブリイワゴン)だけにする
2.修理して、車検する
3.乗り換える

ということで、基本的には1ということで、1台体制にしようと考えていたのですが、高校生と中学生の子供の送り迎えや、やはり車がないと生活できない地域という事もあり、現実的ではないということに。

で、2か3かということになるのですが、判断するために、もう一度点検してもらいました。
その結果、現在気になっている異音はATではなくタービンという結果が(^^;;
AT自体は滑りもないし、変速ショックもないので、普通に乗るには問題ないと。

タービン交換の修理代は約11万。
でも、これを直すと、今度はATの音。
これだけの金額をかけて直すとなると、あと、4年は乗りたいところ。
その間にATの症状が悪化しないとも限らない。
最近、パワーウィンドウが動かない時があるなど、これから、マイナートラブルも増えていく予感・・・。

ということで、最終的には買い替えとなりました。

個人的な目論見としては、エブリイを嫁に乗ってもらって、自分用に軽のMTを買うという目論見あったのですが、嫁がエブリイの運転は好きではないという事と、頻繁に行く嫁の実家で車庫の高さの都合で、うまく入らないと屋根を擦るということもあり、嫁が普段使うというのが第1条件に。

ならば・・・
ということで、アルト ターボRSが欲しいと思いながら試乗にいったのですが・・・

試乗の結果・・・
予想外のラパンになりました(笑)

以下、我が家の試乗の感想です。
あくまでも、私と嫁の感想です。
そして、趣味車ではなく普段の足にする車ということが前提になります。

まずは、ラパン。
CVTは嫌いだったのですが、このラパンのCVTはそんなに嫌な感じがありませんでした。
今までに代車で何度も、スイフト/ソリオ/ワゴンRなどのCVT車に乗ったことがあるのですが、いつも、アクセル開度と実際の車の反応がシンクロしないことが気持ち悪く、次に買うにしても、絶対にCVTは嫌だと思ってました。
でもラパンは、今まで乗ったのとは違ってて、かなり自然な感じです。
特に、発進時の加速が良く、かなり自然でした。
ある程度のスピード以上は、走らないのですが、Sモードにすればそこそこ走ります。
高速を走ることもほとんどないのでターボもなくても大丈夫そう。
窓も広く、見やすくて運転しやすかった。
そして、なにより、乗り心地がいいのと、曲がる時の自然な感じが気に入りました。
シートの形状も良かったです。
街乗りだと、とろいということもなく、キビキビと走ります。
実燃費もアルトより良かったりするという話も。
おそらく、燃費重視のアルトと、乗りやさ重視のラパンではCVTのプログラムが違うんでしょうね。

で、肝心のアルト ターボRSですが・・・
ラパンの後に試乗すると、走りのいいところよりも、乗り心地や運転のしやすという点での、悪いとことが目立ちます(^^;;
以前試乗した時には私的には気にならなかったのですが、今回は5AGSがあまり良くありませんでした。
特に、以前乗った時から、何回かプログラムがバージョンアップされてて、期待値が高かったというのもありますが。
嫁はまったくもって、馴染めず。
硬めの足と相まって、運転しているにもかからず車酔い(^^;;
MTにも乗りなれてて、RSにも試乗したことがあり、コツも知ってはずの私も、なんだかうまく乗れなった(^^;;

ということで、ラパンが我が家にやって来ることになりました(^_^)/

もちろん、これは、嫁の普段の足にするという前提なので、私の趣味車ということなら、また違う結果になるとは思いますが。

車はすぐに手配できるらしく、2週間もかかないみたいです。
楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント